【category】カテゴリー
ビューティ・美容
  コスメ・化粧品・スキンケア/エステ/
ヘアケア
  ダイエット・ヘルシーボディ/
ボディケア
ファッション
  レディースファッション/ジュエリー・時計・サングラス
  ブラ&ショーツ,ランジェリー/
ベービー・キッズ
ライフ
  本・コミック・エンターテインメント/
  食品・グルメ・料理・レシピ /
ショッピング
  仕事・スクール・キャリア・お金
  住宅・家具・インテリア・キッチン
ウェルネス・健康
  サプリメント・健康食品/
ハーブ・アロマ
  スポーツ・エクササイズ
旅行・トラベル
検索人気のヘアサロン検索
女医在籍 婦人科リンク集
ヒーりング&リラクゼーション癒し検索
女性施術&女性専門&美容整体検索

ワンポイント・エクササイズ

同じ年齢でも若々しく見える人とそうでない人がいます。
理由のひとつは「姿勢」と「身のこなし」の違いにあります。
10歳若く見える「姿勢」と「身のこなし」をつくるエクササイズで見えない部分の筋肉「インナーマッスル」を鍛えましょう。

おなか・せなか編
おなかをひきしめる
@あおむけになりひざを立て、上体を肩甲骨あたりまで起こす。
A膝を胸に引き寄せ、手のひらは床に向け平行にして、30秒程度そのままに。
Bさらにその状態から足を上に伸ばす。おなかは床に沈み込むようにへこませて、左右の手を上下に動かしまがら息を3秒吸い、3秒吐くを10回繰り返し、もとに戻す。
これを2〜3セット繰り返しましょう。
しなやかなせなかに
@おなかをストレッチするように両手、両足で床を押し、息を吸いながら、おしり、腰、背中の順番で上げる。
A今度は逆に息を吐きながら背骨の上の骨から順にかかとのほうに引っ張りながら床に戻す。
これを3セット程度繰り返しましょう。
おすすめアイテム


毒素がたまると太りやすい、やせにくい

「代謝」とは?
体内に取り込んだ栄養素や酸素は、リンパ液や血液によって体のすみずみまで運ばれ、
役目が終わると老廃物となって、再びリンパ管などを通って排出されます。
「毒素」とは?
代謝がうまくいかず、この老廃物がうまく排出できず、リンパ管などにたまってしまうこと。

毒素がたまった部分は、血液やリンパ液の流れが滞っって代謝が落ち、むくみや冷えをまねきます。
そして、冷えが進むと、体は子宮や卵巣などを守るためにおなかまわりの脂肪を増やそうするので、太りやすく、
やせにくい体質になってしまいます。
さらに毒素がたまり続けると、脂肪のかたまり・セルライトになることもあります。


 

毒素がたまると太りやすい、やせにくい<


「代謝」とは?
体内に取り込んだ栄養素や酸素は、リンパ液や血液によって体のすみずみまで運ばれ、役目が終わると老廃物となって、再びリンパ管などを通って排出されます。
「毒素」とは?
代謝がうまくいかず、この老廃物がうまく排出できず、リンパ管などにたまってしまうこと。

毒素がたまった部分は、血液やリンパ液の流れが滞って代謝が落ち、むくみや冷えをまねきます。
そして、冷えが進むと、体は子宮や卵巣などを守るためにおなかまわりの脂肪を増やそうするので、太りやすく、やせにくい体質になってしまいます。

毒素排出マッサージでくびれ美人に


脂肪やセルライトになるなど長い時間蓄積されたなかなか手ごわくやっかいな毒素。
「押す」「つまむ」「さする」でリンパ管の奥まで刺激を届かせ、凝り固まった毒素を効果的に流しましょう。
毒素に「刺激を与える」
ゆっくりと強く押し、凝り固まった毒素に刺激を与えて活性化します。
くっついた毒素を
「ほぐす」
活性化した毒素を繰り返しつまんでほぐし、細かく、柔らかくします。
ほぐれた毒素を「流す」
ゆっくりと強くさすり、動きやすくなった毒素をスムーズに排出します。

1週間でウエストマイナス2〜3センチを実現するためのマッサージポイント

1.「イタ気持ちいい」と思うくらいの強さで
2.肌に直接触れる
(ボディクリームなどをつけると肌すべりがよく、毒素を流しやすくなる)
3.硬いところ、冷たいところは重点的に
4.1日1回、3分でOK
(行うタイピングはお風呂上りが理想。それ以外には、マッサージ前に下のストレッチを行う)

ストレッチ
1.あおむねになって脚を少し開き、腕を伸ばします。腕を上に、脚を下にひっぱられるようなイメージで、
10秒くらい伸ばします。
背中や腰が伸びるのを意識して。
2.あおむけのまま両腕を下におろして力を抜き、腰を左右に動かします。なるべく頭と脚は動かさないように意識して。肩と腕の力を抜き、骨盤まわりの筋肉をゆるめるつもりで行います。

プラスすると効果アップの生活術

おなかを冷やさない
おなかまわりは常に温かくしておきましょう。
腹巻き、カイロなども上手に利用して、しっかり保温を。
外からだけでなく、食べ物で内側から内臓を温めることも必須。
(温かい飲み物、温野菜サラダなど)
なお、しょうがは体を温める効果が高いので、料理に入れたり、飲み物に加えたりするのもオススメです。

リンパの集まる場所をさわる

右のように、わきの下、ひざの裏などには、リンパが集中しています。
さすったり、押したりするだけでもリンパが活性化するので、気づいたときにこまめにさわって毒素排出をサポートしましょう。
3タイプのおなかの悩みの中から、自分が特に気になるタイプを選んで、毎日の習慣マッサージとして行ってみてください。1週間後には、おなかまわりがすっきりしてくるはずです。

1.押す
背中を押して腰まわりの血流をアップ

両腕を後ろに回して、親指の腹を、腰の背骨の両わきあたりに当て、ほぐすように3秒くらい押します。
硬さが気になることろを一ヶ所につき5回くらい。背骨に沿って2~3ヶ所行ってください。

ローランズのパンツをはくとわきの肉がむちっと出る・・
服の上からでもわき腹が段々になっているのがわかる・・・
ついついゆったりした服ばかり着てしまう・・

2.つまむ
腰の肉を縦につまんでほぐす

腰まわり全体のぜい肉を、両手で縦方向にゆっくりとつまんでいきます。
4~5ヶ所を、1ヶ所につき5回くらい行います。

3.さする
わき腹の肉を前に押し流す

親指が背中、残りの4本の指がおなか側にくるように、左わき腹に左手を添えます。4本の指は固定したまま親指を前にスライドさせ、毒素を流します。
脂肪がついている部分を重点的に、2〜3ヶ所を各5回以上さすります。
右側も同様に。
ワンポイントアドバイス

わき腹の毒素は、意外と流れやすいもの。3の「さする」をとくに重点的に行えば、早く効果を実感できるはずです。

1.押す
6本の指でおなかを押す

両手の人さし指、中指、薬指をそろえるように合わせ、右の青い点のように、おへそから5cmくらい離れたことろを8ヶ所押していきます。
1ヶ所につき3秒、時計回りに3周行います。

どこがウエストか自分でもわからない・・
ピッタリした服がかっこよく着こなせない・・・
「幼児体型」と言われたことがある・・

2.つまむ
指で腹でウエストをしっかりつかむ

親指を背中側、残り4本の指をおなか側にして、わく腹をつかむように持ちます。指の腹が食い込むくらい強くつかみ、2〜3秒キープ。
これを5回行います。
上下にずらしながら、2〜3ヶ所行ってください。

3.さする
リズムカルにわき腹をさする

右のわき腹に右手の親指の腹を、左手をその少し上に置きます。
背中側からおなか側に向かって、ウエストを引き上げるように強くさすります。
右手、左手と動かして1セット、これを5回行ってください。
左側のわき腹も同様に。
ワンポイントアドバイス

とにかくウエスト位置に刺激を与えてほぐし、体に本来あるべき姿を思い出させることが必須です。
2の「つまむ」をとくに念入りに行いましょう。

1.押す
指をおなかに立てて押し回す

両手の人さし指、中指、薬指をそろえるように合わせ、おへそから5cmくらい離れたところを8ヶ所、時間回りに細かい円を描くように押していきます。
1ヶ所につき6回円を描き、時計回りに1周行います。

胸よりおなかのほうが出ているかもと思うことがある・・
いつのまにか下腹が余裕でつかめるくらい育った・・・
前かがみになると二段、三段腹になっているのがわかる・・

2.つまむ
おなかの肉をしごくようにつまむ

おへその両わきを、親指を上にして大きめにつかみ、ほかの指は固定したまま、親指でしごくように繰り返し5回つまみます。
つかむ場所を2〜3回変えて同様に行ってください。

3.さする
グーの手で上から下へ流す

手をグーに握り、指の第二関節を使って、おへそのりょうわき5cmくらいのところから太もものつけ根に向かって強くさすります。
5 回が目安で行ってください。
ワンポイントアドバイス

下腹全体が冷えていて、腸に毒素がかたまっている可能性が大です。
1の「押す」に「回す」をプラスして、強い力で行うことで、怠けた腸を活性化させます。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加







 
niceladyonline.Com 2006 | Links | contact|